【お金がない】弁護士費用が準備できなくても債務整理はできます

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金解決法 > 【お金がない】弁護士費用が準備できなくても債務整理はできます

【お金がない】弁護士費用が準備できなくても債務整理はできます

消費者金融への返済が厳しくなり、債務整理をしたいと思っても、弁護士費用が準備できないと諦めてしまう人がいます。

借入れを始めて1年以内に債務整理を考えている人は自己破産や個人再生しか道がありませんので、弁護士費用を準備しなければなりません。

ただ、弁護士や司法書士によっては、費用の分割払いに対応しているところがありますので、決して諦めることはありません。探せば必ず見つかりますので、頑張るだけです。

一方、借入れを始めてある程度の期間が経っているという人なら、弁護士や司法書士に依頼する必要はありません。お金がなくても債務整理はできます。

借入れを始めてある程度の期間が経ち且つ現在仕事をしていて収入があるという人なら、弁護士費用が準備できなくても債務整理を諦める必要はありません。

そうした人は、特定調停を申し立ててみましょう。弁護士や司法書士に債務整理をお願いすれば30万円や50万円といったお金が必要ですが、特定調停なら1万円もあれば足りるでしょう。

特定調停は簡易裁判所で手続きできる制度になり、決して難しいものではありません。試しに最寄りの簡易裁判所に行ってみてください。特定調停をしようと手続きにやってきた人でいっぱいです。

特定調停のことは何もわからないという人も大丈夫です。特定調停では裁判所の係りの人が丁寧に手続の仕方を教えてくれます

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金を「返さず」に解決する方法を考えても恥ではない
  2. 闇金融に追い詰められて自殺するとどうなる?
  3. 死んでしまえば借金を解決できるのか・・・
  4. 借金の取立てを挑発してワザ一発殴られて損害賠償請求する方法
  5. 借金が返せないなら、各社毎月1000円だけ払い続けてお茶を濁す
  6. ムチャな条件を提示して任意整理交渉を長期化させる/借金解決のウラ技
  7. 大手で断られても中小の消費者金融業者を利用してお金を借りる方法
  8. 悪質な借金取り立てを訴えて慰謝料を請求し、それを返済にあてる方法
  9. 過剰貸付を訴えて慰謝料を請求し、それを借金返済にあてる方法
  10. ヤミ金融から借り入れて正規の貸金業者をすべて完済する悪質技