今はないけど過去に借金していた人は過払い金があるかも

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金解決法 > 今はないけど過去に借金していた人は過払い金があるかも

今はないけど過去に借金していた人は過払い金があるかも

今現在は借金がないが、過去に消費者金融から借金をしていたという人は、弁護士や司法書士に依頼すれば過払い金の返還請求をすることができます

現在借金があるわけではないので借金解決法ではありませんが、消費者金融に払い過ぎたお金を取り戻したいと考えている人は実行しましょう。

でも、弁護士や司法書士に頼むとお金がかかります。過払い金を請求したのは良いが、その金額が僅かで、弁護士費用のほうが高かったというケースもありますのでこの点だけは注意が必要です

過払い金の返還請求を弁護士や司法書士に依頼したときの費用は、結構高額になります。基本的には着手金が10万円から30万円程度、後は成功報酬となります。

成功報酬については消費者金融から受け取った過払い金の額によって変わるものなので、特に心配する必要はありませんが、問題は固定の着手金のほうです。

過払い金が30万円以下になるときには、もしかしたら着手金の支払いでマイナスになる可能性があります。

過払い金が30万円以下なら過払い金返還請求をしないほうが良いのですが、過払い金がいくらあるのかは依頼前にはわかりません。

当サイトなどで引き直し計算を勉強して、自分で計算できれば1番良いですよね。過払い金が欲しいなら、ここは頑張りましょう。

ただ、引き直し計算には正確な貸付額や返済額などが必要になります。領収書や契約書を全て保管してある場合なら問題ないですが、保管していないなら記憶による概算をしなくてはいけません。

概算はあくまでも予想の数字になります。概算で50万円程度の過払い金というのなら、微妙なので過払い金の返還請求はやめたほうが無難ですね。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金を「返さず」に解決する方法を考えても恥ではない
  2. 闇金融に追い詰められて自殺するとどうなる?
  3. 死んでしまえば借金を解決できるのか・・・
  4. 借金の取立てを挑発してワザ一発殴られて損害賠償請求する方法
  5. 借金が返せないなら、各社毎月1000円だけ払い続けてお茶を濁す
  6. ムチャな条件を提示して任意整理交渉を長期化させる/借金解決のウラ技
  7. 大手で断られても中小の消費者金融業者を利用してお金を借りる方法
  8. 悪質な借金取り立てを訴えて慰謝料を請求し、それを返済にあてる方法
  9. 過剰貸付を訴えて慰謝料を請求し、それを借金返済にあてる方法
  10. ヤミ金融から借り入れて正規の貸金業者をすべて完済する悪質技