過去に完済した業者がある場合

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金解決法 > 過去に完済した業者がある場合

過去に完済した業者がある場合

借入れをした業者とずっと取引をするわけではありません。

1番最初の借入れは10年前のA社から30万円で、A社とは5年ほど前に完済している。

B社とは8年前から取引があるが2年前に完済している。

C社とは2年前からで、現在も債務が残っている。

D社とは7年前に1年間だけの取引で完済したが、3年前にまた取引を再開して現在も取引をしている。

などといったように、初めて借入れをした10年前からすべての業者とずっと取引が続いているわけではない場合が多いです。

このケースでは、現在はC社とD社の2件の借入れになるわけですが、任意整理をするなら過去に完済しているA社とB社に対して過払い金返還請求をするべきです

現在は10件の借入で500万円の借金がある人がいたとしましょう。収入はありますがとても500万円の借金を返済していくことはできません。

普通に考えれば自己破産か個人再生をするしかないとなります。

しかし、過去に完済している業者があるという場合には、自己破産や個人再生ではなく、まずは任意整理をしたほうが良いでしょう。

すでに完済している業者に多額の過払い金が見つかれば、自己破産や個人再生を回避することができるからです

少しややこしい話かもしれませんが、要は過去に取引があった消費者金融も含めて債務整理の方向を検討したほうが良いということです。

弁護士や司法書士に依頼したときには、過去に完済したところがないかも当然聞かれるとは思いますが、もし聞かれなかったら自分から申し出るようにしましょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金を「返さず」に解決する方法を考えても恥ではない
  2. 闇金融に追い詰められて自殺するとどうなる?
  3. 死んでしまえば借金を解決できるのか・・・
  4. 借金の取立てを挑発してワザ一発殴られて損害賠償請求する方法
  5. 借金が返せないなら、各社毎月1000円だけ払い続けてお茶を濁す
  6. ムチャな条件を提示して任意整理交渉を長期化させる/借金解決のウラ技
  7. 大手で断られても中小の消費者金融業者を利用してお金を借りる方法
  8. 悪質な借金取り立てを訴えて慰謝料を請求し、それを返済にあてる方法
  9. 過剰貸付を訴えて慰謝料を請求し、それを借金返済にあてる方法
  10. ヤミ金融から借り入れて正規の貸金業者をすべて完済する悪質技