【借金解決法】借り始めて5年で自転車操業の人

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金解決法 > 【借金解決法】借り始めて5年で自転車操業の人

【借金解決法】借り始めて5年で自転車操業の人

クレジットのキャッシングやリボ払い、消費者金融からの借入れを始めて5年で自転車操業状態となった場合には、高利の消費者金融がメインなら任意整理や特定調停での借金解決がお勧めです

クレジットカードのキャッシングや大手の消費者金融が中心なら任意整理や特定調停による債務減額の恩恵は受けられませんが、そうでないなら大幅な債務の減額が期待できます。

通常、中小の消費者金融では年利29.20%にて貸付をしています。でも、利息制限法の上限金利を超えた部分については、任意整理や特定調停をすれば無効となります。

消費者金融との取引期間が5年間もあれば、場合によっては借金がゼロになったり、過払い金として返還を受けられたりもするでしょう。

約定では500万円あった借金も、任意整理や特定調停をすることで50万円程度に減額されることもよくあります。

自己破産や個人再生は借金を踏み倒す行為に他なりませんが、任意整理や特定調停は債権者との和解になりますので、決して後ろめたいことではありません。

任意整理や特定調停で借金が減額されることは、高い金利をそれだけ長い間支払ってきたことに対しての当然の権利になります。自転車操業になっているなら、この権利を行使しない手はありません。

自分がどのぐらいの金利で借入れしているか知らない人もいるでしょうが、1度調べてみてください。

年利20%を超えた金利で契約しているなら大幅な減額が期待できます。その場合にはさっさと債務整理して楽になりましょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金を「返さず」に解決する方法を考えても恥ではない
  2. 闇金融に追い詰められて自殺するとどうなる?
  3. 死んでしまえば借金を解決できるのか・・・
  4. 借金の取立てを挑発してワザ一発殴られて損害賠償請求する方法
  5. 借金が返せないなら、各社毎月1000円だけ払い続けてお茶を濁す
  6. ムチャな条件を提示して任意整理交渉を長期化させる/借金解決のウラ技
  7. 大手で断られても中小の消費者金融業者を利用してお金を借りる方法
  8. 悪質な借金取り立てを訴えて慰謝料を請求し、それを返済にあてる方法
  9. 過剰貸付を訴えて慰謝料を請求し、それを借金返済にあてる方法
  10. ヤミ金融から借り入れて正規の貸金業者をすべて完済する悪質技