【借金解決法】借り始めて3年で自転車操業の人

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金解決法 > 【借金解決法】借り始めて3年で自転車操業の人

【借金解決法】借り始めて3年で自転車操業の人

クレジットのキャッシングやリボ払い、消費者金融からの借入れを始めて3年で自転車操業状態となった場合には、状況によっていろいろな解決方法が可能です

自己破産、個人再生、特定調停、任意整理、おまとめローンなど、自分の状況に合わせて適切な借金解決法を選択しましょう。

借り始めて3年で自転車操業となる人はとても多いです。これは、3年も経てば環境が変わることが多いからでしょう。

1年や2年程度ならそれほど自分の置かれている環境に変化はありませんが、3年経てば借入れ当初と同じ環境というわけにはいきません。

3年も経てば仕事が変わる人もいますし、給料が大きく減額される人もいます。結婚する人もいれば離婚する人もいます。子供が生まれる人もいるでしょう。

3年間のうちに事故に巻き込まれることもありますし、入院するような病気や怪我もありそうですよね。考えていたよりもお金が必要になることが、3年間にはいくつもあるのです。

そういった急な出費やアクシデントによって当初の返済計画が狂ってしまい、それを修正できないまま借金を増やし、返済ができなくなることはよくあります。

すでに3年も借金生活をしているのですから、そろそろ借金生活に嫌気がさしてくる時期でもありますよね。

債務整理をするなら、当然早い時期にしたほうが良いです。借金をしたなら3年を目途に、そこでもう1度よく考えてみるのが良いでしょう。

債務整理の方法もいろいろありますし、自分の状況に適した方法を自分なりに研究しましょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金を「返さず」に解決する方法を考えても恥ではない
  2. 闇金融に追い詰められて自殺するとどうなる?
  3. 死んでしまえば借金を解決できるのか・・・
  4. 借金の取立てを挑発してワザ一発殴られて損害賠償請求する方法
  5. 借金が返せないなら、各社毎月1000円だけ払い続けてお茶を濁す
  6. ムチャな条件を提示して任意整理交渉を長期化させる/借金解決のウラ技
  7. 大手で断られても中小の消費者金融業者を利用してお金を借りる方法
  8. 悪質な借金取り立てを訴えて慰謝料を請求し、それを返済にあてる方法
  9. 過剰貸付を訴えて慰謝料を請求し、それを借金返済にあてる方法
  10. ヤミ金融から借り入れて正規の貸金業者をすべて完済する悪質技