【借金解決法】借り始めて15年以上で自転車操業の人はスグに行動を!

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金解決法 > 【借金解決法】借り始めて15年以上で自転車操業の人はスグに行動を!

【借金解決法】借り始めて15年以上で自転車操業の人はスグに行動を!

クレジットのキャッシングやリボ払い、消費者金融からの借入れを始めて15年で自転車操業状態となった場合には、早急に任意整理をしなければいけません

これだけ債務者歴が長いと、確実に過払い金が発生しています。弁護士や司法書士に任意整理を依頼すれば、過払い金返還請求を債権者に実行することになります。

ただ、過払い金の額が百万円単位と高額になることが予想されますので、債権者側からかなり抵抗されると思います。

話し合いでは和解に至らず、裁判に発展することが多くなります。でも、裁判になっても心配することはありません。

裁判では概ね債務者側に有利に判決が出されますので、裁判に負けて借金を支払うことにはなりませんので、安心してください。

また、過払い金の額があまりに大きくなると、今度は相手の支払い能力が心配になります。

昨今、消費者金融の廃業が相次いでいるように、消費者金融自身が自転車操業状態となっていることが多いです

そのため、数百万円の過払い金の支払いができずに、破綻を選ぶところもでてくるかもしれません。

過払い金が発生すれば債権者と債務者の立場が入れ替わることになります。今度はこちらが相手からお金を取り立てなければならないのです。

相手の経済力によっては、受け取れるはずの過払い金を受け取れないこともあります。消費者金融の体力は時間の経過とともに減り続けていますので、早めに任意整理をしたほうが良いでしょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金を「返さず」に解決する方法を考えても恥ではない
  2. 闇金融に追い詰められて自殺するとどうなる?
  3. 死んでしまえば借金を解決できるのか・・・
  4. 借金の取立てを挑発してワザ一発殴られて損害賠償請求する方法
  5. 借金が返せないなら、各社毎月1000円だけ払い続けてお茶を濁す
  6. ムチャな条件を提示して任意整理交渉を長期化させる/借金解決のウラ技
  7. 大手で断られても中小の消費者金融業者を利用してお金を借りる方法
  8. 悪質な借金取り立てを訴えて慰謝料を請求し、それを返済にあてる方法
  9. 過剰貸付を訴えて慰謝料を請求し、それを借金返済にあてる方法
  10. ヤミ金融から借り入れて正規の貸金業者をすべて完済する悪質技