【借金解決法】借り始めて10年で自転車操業の人

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金解決法 > 【借金解決法】借り始めて10年で自転車操業の人

【借金解決法】借り始めて10年で自転車操業の人

クレジットのキャッシングやリボ払い、消費者金融からの借入れを始めて10年で自転車操業状態となった場合には、借金解決法としては任意整理になります

クレジットカードのショッピングやキャッシングが中心の場合には無理ですが、消費者金融からの借入がメインなら、まず間違いなく過払い金が発生しています。

過払い金が発生していると思われるケースの借金解決法は、すべて任意整理になります

消費者金融の中には過払い金の返還に非協力的なところもありますので、できるだけ債務整理に詳しい弁護士や司法書士を探して依頼することが大切です

返済期間が10年にもなれば、たとえ約定で500万円の借金があっても、任意整理をすれば逆に数百万円が返ってくる可能性があります。

比較的新しい借入先については任意整理をしても借金残高が残ることがありますが、その場合には他社の過払い金で返済することになりますので、こちらが返済する必要はありません。

弁護士や司法書士に依頼するとお金がかかりますが、債権者らから受け取る過払い金で全額賄うことができますので、こちらも心配する必要はありません。

弁護士や司法書士にはとても美味しい仕事と言えますので、着手金をゼロにしてほしいとお願いすれば承諾されることもあるでしょう。

また、任意整理の終了までは3カ月から半年程度かかります。もちろん、その間は債務の支払いをする必要はありませんので、過払い金として受け取れるお金を心待ちにしていれば良いでしょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金を「返さず」に解決する方法を考えても恥ではない
  2. 闇金融に追い詰められて自殺するとどうなる?
  3. 死んでしまえば借金を解決できるのか・・・
  4. 借金の取立てを挑発してワザ一発殴られて損害賠償請求する方法
  5. 借金が返せないなら、各社毎月1000円だけ払い続けてお茶を濁す
  6. ムチャな条件を提示して任意整理交渉を長期化させる/借金解決のウラ技
  7. 大手で断られても中小の消費者金融業者を利用してお金を借りる方法
  8. 悪質な借金取り立てを訴えて慰謝料を請求し、それを返済にあてる方法
  9. 過剰貸付を訴えて慰謝料を請求し、それを借金返済にあてる方法
  10. ヤミ金融から借り入れて正規の貸金業者をすべて完済する悪質技