金利の低いところに借換えしていく借金解決法

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金解決法 > 金利の低いところに借換えしていく借金解決法

金利の低いところに借換えしていく借金解決法

自己破産や個人再生などの債務整理だけが借金解決法ではありません。ゆっくりと借金を解決していこうと思うなら、金利の低いところに借換えしていくという方法があります。

これは債務整理のような荒療治ではありませんので、信用事故にはなりません。金利の低いところに借換えして、何かリスクが発生することもありません。

消費者金融業者やクレジットカード会社の貸出金利は似たり寄ったりですが、まったく同じではないですよね。

金利が1%違えば、100万円の借入なら1年で1万円違ってきます。この金額を多いと感じるか少ないと感じるかは個人差がありますが、できれば多いと感じてください。

金利を意識する人は健全な借金ライフを送ることができ、金利をあまり意識しない人は破綻してしまうと思ってください。たった1%にこだわって行きましょう。

金利の低いところへの借換えの仕方ですが、自分の借入れ金利を見て、それよりも金利の低い業者を探します。

そして、金利の低い業者に申し込みをした際、他社の借換えである旨を伝えましょう。借換えである旨を伝えるのと伝えないのとでは審査の通りやすさが違ってきますので、忘れないようにしてください。

申し込み金額は借換えする借金の金額にします。但し、仮に申し込み金額よりも低い金額しか借りられなかったとしても、その金額を借りてしまいましょう

借りた金額は借換えで終わらす予定だった借金の返済に全額使います。借入れ件数は1件増えますが、結果的にはトータルでの金利が低くなります。当然、借金の総額は変わりません。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金を「返さず」に解決する方法を考えても恥ではない
  2. 闇金融に追い詰められて自殺するとどうなる?
  3. 死んでしまえば借金を解決できるのか・・・
  4. 借金の取立てを挑発してワザ一発殴られて損害賠償請求する方法
  5. 借金が返せないなら、各社毎月1000円だけ払い続けてお茶を濁す
  6. ムチャな条件を提示して任意整理交渉を長期化させる/借金解決のウラ技
  7. 大手で断られても中小の消費者金融業者を利用してお金を借りる方法
  8. 悪質な借金取り立てを訴えて慰謝料を請求し、それを返済にあてる方法
  9. 過剰貸付を訴えて慰謝料を請求し、それを借金返済にあてる方法
  10. ヤミ金融から借り入れて正規の貸金業者をすべて完済する悪質技