【債務整理】名義借り、虚偽の申告で借金した場合は弁護士に正直に話す

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金解決法 > 【債務整理】名義借り、虚偽の申告で借金した場合は弁護士に正直に話す

【債務整理】名義借り、虚偽の申告で借金した場合は弁護士に正直に話す

消費者金融を利用する人の中には、名義借りや虚偽の申告で借入れをしている人がいます。多重債務がある場合や信用事故がある場合には、消費者金融に申し込んでも審査ではじかれてしまいます。

そこで、他人の名義を借りたり、名前や生年月日などを偽ったりして借入れするということです。またこのケースでは、お金を騙し取るつもりはなく、返済するつもりで借入れする人が大半になります。

名義借りや虚偽の申告で借り入れた人は後ろめたいことがありますので、返済については意外と頑張ります。こういう人は名義借りや虚偽の申告が発覚するかもしれないと、債務整理を何とか回避しようとするからです。

後ろめたいことがありますので、弁護士や司法書士のような第3者が介入することを恐れるのです。

しかし、そういったことを繰り返していくうちに、次第に破綻圧力が増してきます。頑張っても何かが変わることはありませんので、返済ができなくなればやはり債務整理をすることをお勧めします

借りてすぐに債務整理に移行した場合には悪質なので、業者側から名義借りや虚偽の申告について責められる可能性がありますが、もう何回も返済をしているという場合には、それほど名義借りや虚偽の申告について、つっこまれることは少ないです

業者側も名義借りや虚偽の申告を把握していることが多いですが、返済が続けば特に文句はありません。債務整理になってしまったことは不本意ですが、始めから債務整理をするつもりでの借入れではないなら、仕方がないと諦めます。

そのため、弁護士や司法書士に債務整理を依頼するときには、正直にすべてを話しても大丈夫です。名義借りや虚偽の申告をしたからといって、自己破産や個人再生ができないことはないのです。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金を「返さず」に解決する方法を考えても恥ではない
  2. 闇金融に追い詰められて自殺するとどうなる?
  3. 死んでしまえば借金を解決できるのか・・・
  4. 借金の取立てを挑発してワザ一発殴られて損害賠償請求する方法
  5. 借金が返せないなら、各社毎月1000円だけ払い続けてお茶を濁す
  6. ムチャな条件を提示して任意整理交渉を長期化させる/借金解決のウラ技
  7. 大手で断られても中小の消費者金融業者を利用してお金を借りる方法
  8. 悪質な借金取り立てを訴えて慰謝料を請求し、それを返済にあてる方法
  9. 過剰貸付を訴えて慰謝料を請求し、それを借金返済にあてる方法
  10. ヤミ金融から借り入れて正規の貸金業者をすべて完済する悪質技