【借金解決法】まとまったお金が手元にある場合の選択肢

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金解決法 > 【借金解決法】まとまったお金が手元にある場合の選択肢

【借金解決法】まとまったお金が手元にある場合の選択肢

債務整理を考えている人で、手元にまとまったお金があるという人は、弁護士や司法書士による任意整理をするのが良いでしょう

例えば、消費者金融やクレジットカード会社からの借入総額が500万円だったとします。親族からの援助や保険解約金などにより、現在手元に200万円まで準備できました。

でも、200万円では500万円の借金を返済するには至りませんよね。そこで断念してしまい、そのまま返済を続けてしまう人がいます。

でも、せっかく手元に200万円あるのですから、そのお金で借金を整理できないか試してみることをお勧めします。

まず、信頼のおける弁護士や司法書士に任意整理を相談します。任意整理をすれば、高金利の消費者金融での借入れがある場合などで、借金が大幅に減額されることがあります。

これは法律で認められている上限金利を超えた金利で貸付している消費者金融があるからですよね。

500万円の借金も、法定利率に引き直すと250万円ほどになることも十分にあります。ここで、仮に債務総額が400万円になったという場合なら、200万円では到底足りませんので、自己破産や個人再生、もしくは分割払いで和解することになります。

250万円程度になれば、まだ50万円程足りませんが、もう少しなので債権者に減額してもらいましょう。

債権者も破産や長期分割払いになるよりは、減額してでも一括弁済を受けたいと思っています

200万円の現金があれば、250万円程度なら一括弁済で片付けられるということです

このように、手元にある程度まとまったお金があるなら、任意整理によって一括弁済ができるかもしれません。長々と分割で払うよりも、一括で弁済する方が債務者にとっても良いですよね。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金を「返さず」に解決する方法を考えても恥ではない
  2. 闇金融に追い詰められて自殺するとどうなる?
  3. 死んでしまえば借金を解決できるのか・・・
  4. 借金の取立てを挑発してワザ一発殴られて損害賠償請求する方法
  5. 借金が返せないなら、各社毎月1000円だけ払い続けてお茶を濁す
  6. ムチャな条件を提示して任意整理交渉を長期化させる/借金解決のウラ技
  7. 大手で断られても中小の消費者金融業者を利用してお金を借りる方法
  8. 悪質な借金取り立てを訴えて慰謝料を請求し、それを返済にあてる方法
  9. 過剰貸付を訴えて慰謝料を請求し、それを借金返済にあてる方法
  10. ヤミ金融から借り入れて正規の貸金業者をすべて完済する悪質技