【借金解決法】持ち家を手放したくない場合の選択肢

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金解決法 > 【借金解決法】持ち家を手放したくない場合の選択肢

【借金解決法】持ち家を手放したくない場合の選択肢

クレジットカードのショッピングやキャッシング、消費者金融からの借入れを繰り返し、その返済が苦しくなったときには債務整理をすることになります。

膨れ上がった債務は何か手を打たなければ解決できません。放置しても金利がついていくだけなので、早急に債務整理をしたほうが良いでしょう。

債務整理というと、真っ先に思い浮かぶのは自己破産だと思います。自己破産についてはほとんどの人が名前やどういったものかを知っています。

世間一般の自己破産についての解釈は、「借金がゼロになるがすべての財産が没収される」といった感じではないでしょうか。

所有している土地や建物は財産に当然当てはまりますので、自己破産をすれば借金がなくなりますが、マイホームを失うことになります

自己破産には例外的にマイホームを処分せずに済む方法もあるにはありますが、それはあくまでも例外的なケースになります。

マイホームを手放したくないなら、自己破産以外の方法で借金を解決したほうが良いでしょう

自己破産以外の債務整理には、個人再生、特定調停、任意整理、おまとめローンなどがあります。

この中で、債務の免除を受けられるのは個人再生になります。個人再生では最大で8割の債務が免除されますので、債務が多い場合には有効です。

条件によっては特定調停や任意整理のほうが有利になることもありますので、一概に個人再生がこの場合には1番良いとは言えません。

どちらにしても、マイホームがある人で借金に困った場合には、弁護士か司法書士に相談するようにしましょう。

相談して、マイホームを手放したくない旨をしっかりと伝えます。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金を「返さず」に解決する方法を考えても恥ではない
  2. 闇金融に追い詰められて自殺するとどうなる?
  3. 死んでしまえば借金を解決できるのか・・・
  4. 借金の取立てを挑発してワザ一発殴られて損害賠償請求する方法
  5. 借金が返せないなら、各社毎月1000円だけ払い続けてお茶を濁す
  6. ムチャな条件を提示して任意整理交渉を長期化させる/借金解決のウラ技
  7. 大手で断られても中小の消費者金融業者を利用してお金を借りる方法
  8. 悪質な借金取り立てを訴えて慰謝料を請求し、それを返済にあてる方法
  9. 過剰貸付を訴えて慰謝料を請求し、それを借金返済にあてる方法
  10. ヤミ金融から借り入れて正規の貸金業者をすべて完済する悪質技