【借金解決法】無職の場合はやっぱり自己破産

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金解決法 > 【借金解決法】無職の場合はやっぱり自己破産

【借金解決法】無職の場合はやっぱり自己破産

クレジットカードのキャッシングや消費者金融からの借入れを繰り返し、返済に行き詰った人で、現在無職という人は多いです。

大手の消費者金融の中には、失業により返済ができない人への救済措置として、数か月の返済猶予を設けているところがあります

無職になったらまずは借入先に連絡して、そうした制度がないかを確認しましょう。

また、無職からなかなか抜け出せない人は多いです。雇用環境が悪く、正社員で働ける人は限られています。アルバイトや日雇い派遣でその日暮らしをしている人も世の中にはたくさんいます。

そうした人は、とても消費者金融などの借金を返済する能力はないと言えます。無理をすれば返済できるでしょうが、返済を続けても借金が増えていくのが現実です。

無職の場合には、やはり自己破産をお勧めします。自己破産をすると就職できなくなると思っている人が多いですが、自己破産をしても就職活動に支障をきたすことは一切ありません。

自己破産者はインターネットでも調べることができます。でも、企業の採用担当者が自己破産者の名簿を調べることはまずありません。

自己破産者は皆さんが思っている以上に多いです。しかも、過去に自己破産をしたかどうかを調べるには、過去の自己破産者をすべて調べなくてはいけません。現実的に無理があります。

自己破産をして借金をなくしてから、就職して新たな人生を歩むのが良いでしょう。お金があれば弁護士や司法書士に相談し、お金がなければ役所に相談してください。

今まで税金を支払ってきたのですから、ここで役所を利用しないと損でもあります。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金を「返さず」に解決する方法を考えても恥ではない
  2. 闇金融に追い詰められて自殺するとどうなる?
  3. 死んでしまえば借金を解決できるのか・・・
  4. 借金の取立てを挑発してワザ一発殴られて損害賠償請求する方法
  5. 借金が返せないなら、各社毎月1000円だけ払い続けてお茶を濁す
  6. ムチャな条件を提示して任意整理交渉を長期化させる/借金解決のウラ技
  7. 大手で断られても中小の消費者金融業者を利用してお金を借りる方法
  8. 悪質な借金取り立てを訴えて慰謝料を請求し、それを返済にあてる方法
  9. 過剰貸付を訴えて慰謝料を請求し、それを借金返済にあてる方法
  10. ヤミ金融から借り入れて正規の貸金業者をすべて完済する悪質技