3年より長い借金返済期間は避けるべき

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金解決法 > 3年より長い借金返済期間は避けるべき

3年より長い借金返済期間は避けるべき

消費者金融で借入れをしたり、クレジットカードのキャッシングを利用したりすることは、別に悪いことでも控えた方が良いことでもありません。

実際、消費者金融やクレジットカードのキャッシング機能を利用して、とても幸せな人生を歩んでいる人はとても多いです。

消費者金融での延滞率や破綻率を見ると、有効的に活用している人の方が圧倒的に多いと言えるでしょう。

現金を借りて分割で返済していくのは、使い方によっては生活のあらゆる場面で重宝するはずです。どのサービスよりも利用価値が大きいと言っても過言ではありません。

ただ、分割で返済していく上で予定が狂ってしまうことがあります。当初の返済計画が狂ってしまうと、途端に厳しくなるのが借金です

毎月の返済額を下げれば下げるほど毎月の返済負担は軽くなり、気持ち的にも家計的にも楽になります。

しかし、毎月の返済額を下げれば下げるほど返済が長期になり、最終的に支払う金利の総額は高くつきます。

さらに、返済が長期になれば、それだけ予定が狂う可能性が高くなります。1年後のことは予想できても、10年後のことなど誰にも予想できませんよね。

こういった観点で言えば、長期の返済になる住宅ローンは非常に危険な金融商品だと言えます。実際、不景気になって住宅ローンを払えなくなる人が急増していますよね。

長期になればなるほどリスクが高まります。消費者金融の借入れで言えば、最長でも3年までにするのが無難です。

よって、借金を解決したいなら、全ての借金を3年以内に終わらせる計画を立てることです

リボ払いなど特に返済期間が定められていない場合には、自分で3年36回払いを計算して返済していくようにしましょう。

借金を3年以内に完済できないという人は、別に5年払いや7年払いにしても良いですが、新たな借金をしないことが必要です。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金を「返さず」に解決する方法を考えても恥ではない
  2. 闇金融に追い詰められて自殺するとどうなる?
  3. 死んでしまえば借金を解決できるのか・・・
  4. 借金の取立てを挑発してワザ一発殴られて損害賠償請求する方法
  5. 借金が返せないなら、各社毎月1000円だけ払い続けてお茶を濁す
  6. ムチャな条件を提示して任意整理交渉を長期化させる/借金解決のウラ技
  7. 大手で断られても中小の消費者金融業者を利用してお金を借りる方法
  8. 悪質な借金取り立てを訴えて慰謝料を請求し、それを返済にあてる方法
  9. 過剰貸付を訴えて慰謝料を請求し、それを借金返済にあてる方法
  10. ヤミ金融から借り入れて正規の貸金業者をすべて完済する悪質技