【借金解決法】親族が少しお金を出してくれたら弁護士費用にあてる

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金解決法 > 【借金解決法】親族が少しお金を出してくれたら弁護士費用にあてる

【借金解決法】親族が少しお金を出してくれたら弁護士費用にあてる

債務者の状況にもよりますが、親族が少しお金を出してくれたのなら、私なら迷わず弁護士や司法書士に債務整理を依頼します

弁護士や司法書士に頼まないでも債務整理はできます。弁護士や司法書士に頼めばお金がたくさんかかります。

でも、弁護士や司法書士に頼めば、全部お任せできます。自分でいろいろと考えなくても良いので、受任してもらった時点で借金生活から解放されるでしょう。

借金生活で精神的に疲弊している人は多いと思います。自分で債務整理をするのは結構な労力を必要とします。親族がお金を出してくれたのなら、そのお金で楽をしてしまいましょう。

親族がお金を出してくれたのは、そのお金で借金をきれいに解決しなさいという意味があるはずです

自分で解決しようとして失敗すれば、そのお金が無駄になってしまいます。弁護士や司法書士に依頼すれば間違いがありませんので、この点でもお勧めです。

どういう形で債務整理されるにしろ、受け取った親族からの援助を台無しにはできませんよね。

また、弁護士や司法書士には最初に着手金を支払うのが一般的です。着手金の額は統一されていませんが、10万円程度用意できれば何とかなりそうです。

10万円程度なら、親族がいれば協力してくれる人はいるはずです。自身では借金を解決できないという人は、親族に泣きついてみてください。恥だとか言っている場合ではありませんので。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金を「返さず」に解決する方法を考えても恥ではない
  2. 闇金融に追い詰められて自殺するとどうなる?
  3. 死んでしまえば借金を解決できるのか・・・
  4. 借金の取立てを挑発してワザ一発殴られて損害賠償請求する方法
  5. 借金が返せないなら、各社毎月1000円だけ払い続けてお茶を濁す
  6. ムチャな条件を提示して任意整理交渉を長期化させる/借金解決のウラ技
  7. 大手で断られても中小の消費者金融業者を利用してお金を借りる方法
  8. 悪質な借金取り立てを訴えて慰謝料を請求し、それを返済にあてる方法
  9. 過剰貸付を訴えて慰謝料を請求し、それを借金返済にあてる方法
  10. ヤミ金融から借り入れて正規の貸金業者をすべて完済する悪質技