貸金業者から勧められて

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金をする理由 > 貸金業者から勧められて

貸金業者から勧められて

実は意外と多い借金をする理由が、貸金業者に勧められたからというものです。

今まで取引のない貸金業者から電話がかかってきたり、ダイレクトメールが届いたりして、借金を勧誘されることはありません。

でも、1度でも取引をしたことのある貸金業者や、現在取引のある貸金業者から「借金の勧誘」をされることはよくあります

本来、貸金業者は融資の勧誘を行ってはいけません。これは貸金業規制法で決められています。

しかし、それは営利企業には無理な話です。利益を出すのが営利企業であって、宣伝や勧誘をしないわけにはいきません。

貸金業界では、勧誘については実質的には規制さていません。もちろん、細かい取り決めはありますが、基本的にはバンバン勧誘しても差し支えはないのです。

返済に努めていたときに、貸金業者から「特別キャンペーンで今ならご利用金額を大幅に増額できますが、どうですか?」と言われたらどうでしょう?

やっと完済したというときに、貸金業者から「今なら1ヶ月無利息で融資できますがいかがでしょうか」などと言われたらどうでしょう?

お金を借りれば返済しなければいけませんが、欲しい物が買えます。ついつい「お願いします」と承諾してしまう人がいても不思議ではありませんよね。

貸金業者に勧められるとつい借金をしてしまう人がいますが、必要のない借金をしてはいけません

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. お金の管理能力次第
  2. 公共料金の滞納分支払いのため
  3. はっきりとした理由はわからない
  4. 訪問販売で高額商品を買わされたから
  5. 借入当初と返済が厳しくなった頃の借入理由の違い
  6. 東京都が調査した「借金の理由」順位
  7. 無利息キャンペーンに釣れて
  8. 配偶者に内緒にしたいお金
  9. 増税
  10. 離婚で配偶者の借金を背負うことも