はっきりとした理由はわからない

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金をする理由 > はっきりとした理由はわからない

はっきりとした理由はわからない

借金をする理由は人それぞれですが、「はっきりとした理由はわからない」と言う人がいます。

何か決定的な理由があるわけではなく、気がついたらお金が足りなかった。だから仕方なくお金を借りることにした

そういう債務者は実はかなり多いでのです。

何が原因でお金が足りなくなり、借金をしなければいけなくなったのかわからないのですから、反省することもできません。

こうした人は親などに何度完済してもらっても、借金をやめることはないでしょう。

お金について何も考えずに使っていれば、足りなくなることはあります。

そこで足りないからと安易に借金をするのはいけませんよね。

足りなくなったのなら何とか給料日まで耐える。なぜ足りなくなったのか考えて、次からは足りなくならないように気をつけることが必要です。

はっきりとした理由もわからないで借金をしてしまい、気がついたら破綻状態であったというのは、自業自得です。

安易に借りれる世の中が悪いとか、借入を増長するような宣伝をしている貸金業者が悪いとか言う資格はないですよね。

借金をした理由ぐらいは、しっかりと把握してほしいものです。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. お金の管理能力次第
  2. 公共料金の滞納分支払いのため
  3. 訪問販売で高額商品を買わされたから
  4. 借入当初と返済が厳しくなった頃の借入理由の違い
  5. 東京都が調査した「借金の理由」順位
  6. 無利息キャンペーンに釣れて
  7. 配偶者に内緒にしたいお金
  8. 増税
  9. 貸金業者から勧められて
  10. 離婚で配偶者の借金を背負うことも