公共料金の滞納分支払いのため

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金をする理由 > 公共料金の滞納分支払いのため

公共料金の滞納分支払いのため

生活に不可欠なのは、電器とガス、水道です。電話がなくても生きていけますが、この3つがないと現代では生活が困難です。

電器がなければ、夜真っ暗で無理ですよね。冷蔵庫が作動しないですし、夏場にエアコンどころか扇風機すら回せません。

洗濯機や電子レンジなどの家電製品なしで生活することは、不可能ですよね。

ガスや水道についても同様です。ガスと水道が止められると、普通の人なら死んでしまいます。

このように、公共料金は生きていくためには欠かせない支出になります。

そのため、公共料金を滞納すると、かなり焦ることになります。

公共料金を滞納してしまったときに頼りになるのが、借金です。借金の返済はまってくれますが、公共料金の滞納分は待ってくれません

借金をして滞納分を支払う気持ちは痛いほどわかります。

ただ、これはまったく解決には至っていません。ある意味では借金の返済を新たな借金でしただけとも言えます。

公共料金の支払いは必ず発生するものであり、それをなくすことはできません。

公共料金の支払いができないという生活スタイル自体が間違いで、まずはそれを改善しなければいけません。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. お金の管理能力次第
  2. はっきりとした理由はわからない
  3. 訪問販売で高額商品を買わされたから
  4. 借入当初と返済が厳しくなった頃の借入理由の違い
  5. 東京都が調査した「借金の理由」順位
  6. 無利息キャンペーンに釣れて
  7. 配偶者に内緒にしたいお金
  8. 増税
  9. 貸金業者から勧められて
  10. 離婚で配偶者の借金を背負うことも