自己破産すると言ってしない顧客

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 悪質な客・イラっとさせる客 > 自己破産すると言ってしない顧客

自己破産すると言ってしない顧客

自己破産をすると言ってなかなかしない人がいます。まだ支払期日がきていないならかまいませんが、支払期日を過ぎているのにそう言って支払いをしないのは腹が立ちます

自己破産をするは権利なのでかまいません。でも、自己破産をする証拠を示さないで延滞を続けるのは督促担当者を苛立たせます

「自己破産をする」と口で言うのは簡単です。でも、声に出して言うからには、しっかりと自己破産をしてほしいです。

結局、消費者金融の督促担当者は弁護士や司法書士からの受任通知など、自己破産を申し立てる証拠が提示されなければ督促をストップするわけにはいかないのです。

実際、自己破産をすると言ってしない人もたくさんいますし、督促を回避するためにそう言う人もいます。

また、自己破産するつもりで「自己破産する」と言う人がいますが、消費者金融では「つもり」の話を聞く耳は持っていません。確実なことしか消費者金融は聞き入れませんので、よく覚えておきましょう。

自己破産をするつもりでも、まだ確実ではないなら消費者金融に伝えないようにしましょう。

弁護士や司法書士に受任してもらい、自己破産が確実になってから伝えるようにしてください。

仮に受任間際で返済期日を過ぎてしまったら、消費者金融からの督促は無視すれば良いでしょう。受任通知が届けば督促はなくなりますし、無視したことを責められることもありません。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 結局嘘つきが1番腹立たしい
  2. 人生終わっていると考える顧客
  3. 長期延滞者から融資申し込み?
  4. 過去に自己破産してもまた借金漬け
  5. 相続放棄を勧めに電話するも遺族から罵声
  6. 借りられなくなったら窃盗
  7. パチンコで負けて払えない
  8. 労働せずに生活する、ヤミ金から借りパク
  9. 任意団体に相談で微妙な状態
  10. 訪問時の返済約束を守らない顧客