労働せずに生活する、ヤミ金から借りパク

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 悪質な客・イラっとさせる客 > 労働せずに生活する、ヤミ金から借りパク

労働せずに生活する、ヤミ金から借りパク

近年、ヤミ金融からお金を借りて、そのまま返済しないで行方をくらます人が増えています。労働しないでも簡単にお金が入る方法として、裏の世界で紹介されているようです。

ヤミ金融から借り入れたお金は、法的に返済の義務はありません。返さなくても逮捕されることもなければ、訴えられることもないのです。

ヤミ金融が取り立てにくれば警察に電話すれば済む話です。それでもしつこいようなら弁護士に追っ払ってもらう方法もあります。

また、どうしてもヤミ金融の取り立てが煩わしいということなら、引っ越しをする方法もあります。

また、最初からお金を騙し取る目的なら、身分証明証などを偽造して借り入れれば良いですよね。ヤミ金融からお金を騙し取ることはそれほど難しいことではないのです。

ヤミ金融からお金を借り入れて返済しないというのは、法律上では合法です。そもそもヤミ金融が法律を破っていますので、ヤミ金融が法律で守られることはありませんよね。

ただ、いくら相手がヤミ金融だからと言っても、そういった行為はいけません。それをしてしまえば自分もヤミ金融と同じ裏の人間になってしまいます。

強盗から強盗すれば罪に問われないということはないですよね。ヤミ金融からお金を騙し取っても罪には問われませんが、健全な人間のすることではありませんのでしないようにしてください。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 結局嘘つきが1番腹立たしい
  2. 自己破産すると言ってしない顧客
  3. 人生終わっていると考える顧客
  4. 長期延滞者から融資申し込み?
  5. 過去に自己破産してもまた借金漬け
  6. 相続放棄を勧めに電話するも遺族から罵声
  7. 借りられなくなったら窃盗
  8. パチンコで負けて払えない
  9. 任意団体に相談で微妙な状態
  10. 訪問時の返済約束を守らない顧客