相続放棄を勧めに電話するも遺族から罵声

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 悪質な客・イラっとさせる客 > 相続放棄を勧めに電話するも遺族から罵声

相続放棄を勧めに電話するも遺族から罵声

消費者金融が世間でどれほど評判が悪いかは、ある顧客が自殺したときにわかりました。

消費者金融では顧客が事故や病気、自殺などでお亡くなりになったとき、その親族に必ず連絡をしています。

これは、借金が相続の対象になるからです。このことを知らない人が多く、まずは借金が相続されることを遺族に伝えなくてはいけません。

そして、遺族に相続放棄を促します。借金は相続放棄しなければ、遺族が背負うことになります。それを回避しようというのです。

消費者金融は遺族から債権を回収しようとまでは考えていません。もちろん、遺族が借金を相続して返済したいと言えば大歓迎ですが、無理に相続をさせようとは考えていないのです。

そのため、消費者金融が遺族に連絡するのは、遺族に借金を背負わせないためです。ある意味親切心からなのです。

ところが、親切で連絡しているのに、遺族から罵声を浴びせられることがありました

自殺した原因は消費者金融にあると言うのです。別に私が勤務していた消費者金融を名指ししてのことではありませんが、消費者金融全体が悪いということです。

どこかに怒りをぶつけたい気持ちはわかりますが、親切心から電話している消費者金融には少しかわいそうな話ですよね。

しかも、悪質業者やヤミ金融とひと括りにされて罵られました。してもいないことで責められるのですから悲惨です。

どうせ説明してもわかってくれないので、黙って聞くしかありませんでした。

死んで返済から逃れるだけでなく、こうした迷惑もかけるのです。借金を返さずに自殺する人は許せません。たかが借金ぐらいで死なないでください。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 結局嘘つきが1番腹立たしい
  2. 自己破産すると言ってしない顧客
  3. 人生終わっていると考える顧客
  4. 長期延滞者から融資申し込み?
  5. 過去に自己破産してもまた借金漬け
  6. 借りられなくなったら窃盗
  7. パチンコで負けて払えない
  8. 労働せずに生活する、ヤミ金から借りパク
  9. 任意団体に相談で微妙な状態
  10. 訪問時の返済約束を守らない顧客