結局嘘つきが1番腹立たしい

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 悪質な客・イラっとさせる客 > 結局嘘つきが1番腹立たしい

結局嘘つきが1番腹立たしい

消費者金融にとって悪質な客・イラっとさせる顧客とは、結局のところ嘘つきになります。身分証明証を偽造してお金を騙し取ろうとする人も、返済したと言って返済しない人も、結局のところは嘘つきですよね。

子供のころは、責任ある大人たちの社会では、嘘つきなどいないと思っていました。でも、実際大人になってみると、大人の社会こそ嘘つきが多いことに気がつきました。

自己利益のために嘘をつく大人は本当に多いです。多分、子供のころよりも大人になってからの方が嘘をつく人が多いのではないでしょうか。

特に、消費者金融で働くことになってからは、嘘をつく大人の多さに辟易しました。たかがお金を借りて返すだけなのに、なぜ嘘をつくのでしょうか?

人間は小さいころから嘘は良くない、嘘をついてはいけないと教育されて大きくなります。そのため、嘘に対しては敏感で、嘘をつかれればとても傷つきます。

返済ができない人がいる、返済できないときがあるのは知っていますので、それについては何とも思いません。

でも、嘘をつかれると気分が悪いです。正直者の多い日本人なら誰だってそうですよね。

消費者金融を利用するにあたって、嘘だけはつかないようにしてください。嘘はついてはいけないと子供のころに教わりましたよね。それに、結局は嘘をついて損をするのは自分になります

嘘をつけば必ず歯車が狂います。それが転落人生の始まりです。良く覚えておいてください。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 自己破産すると言ってしない顧客
  2. 人生終わっていると考える顧客
  3. 長期延滞者から融資申し込み?
  4. 過去に自己破産してもまた借金漬け
  5. 相続放棄を勧めに電話するも遺族から罵声
  6. 借りられなくなったら窃盗
  7. パチンコで負けて払えない
  8. 労働せずに生活する、ヤミ金から借りパク
  9. 任意団体に相談で微妙な状態
  10. 訪問時の返済約束を守らない顧客