長期延滞者から融資申し込み?

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 悪質な客・イラっとさせる客 > 長期延滞者から融資申し込み?

長期延滞者から融資申し込み?

消費者金融の新規受付で、他社で長期延滞者になっている人からの申し込みが入ることがあります。

1カ月や2カ月といった程度の延滞なら、その返済のために申し込みをしてきたのだと想像できますが、半年や1年以上といった長期延滞者の場合には、とても返済のためだとは思えませんので、非常に不愉快になります。

返済のために借入れすることはいけませんが、気持はわかります。何とか返済しようという気持ちの表れで、返済に対する一生懸命さは一応伝わってきます。

一方、半年以上も返済を滞っている人が新たに借金をしようというのは、とても返済のための借入とは思えません。何か別のことに使うのでしょうが、借りる前にまずは返せと言いたいです

返済しなければいけない借金があるのに、それは無視してまた借金を積み増そうというのですから悪質です。

貸付審査で他社が長期延滞になっていれば、どんな消費者金融でも貸付を否決します。たとえそれが上客の代表格である公務員でも、年収がかなり良くても同じです。

借金の返済が長期間滞っているのに、さらにお金を借りよういう神経が消費者金融には信じられないのです。貸付しても返済するか疑わしいですし、貸せるはずがありません。

また、1社だけが長期延滞になっているのではなく、複数が長期延滞になっていることもあります。10件の借入で10件とも長期延滞になっている人からの申し込みはさすがにないですが、10件中5件が長期延滞しているのは普通にありますね。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 結局嘘つきが1番腹立たしい
  2. 自己破産すると言ってしない顧客
  3. 人生終わっていると考える顧客
  4. 過去に自己破産してもまた借金漬け
  5. 相続放棄を勧めに電話するも遺族から罵声
  6. 借りられなくなったら窃盗
  7. パチンコで負けて払えない
  8. 労働せずに生活する、ヤミ金から借りパク
  9. 任意団体に相談で微妙な状態
  10. 訪問時の返済約束を守らない顧客