借りられなくなったら窃盗

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 悪質な客・イラっとさせる客 > 借りられなくなったら窃盗

借りられなくなったら窃盗

多重債務や延滞のために消費者金融からお金を借りられなくなると、窃盗に走る人がいます

窃盗で逮捕された人に消費者金融からの借金があると、マスコミは決まって消費者金融から借金が原因だと報道します。

でも、それは間違いです。窃盗に走る人は、盗んだお金で消費者金融の借金を返済しようとは思っていません。そんな律儀な人が窃盗に走ることはないです。

窃盗に走るのは、お金が欲しいからです。今までは消費者金融からお金を引き出していましたが、多重債務や延滞のためにそれができなくなります。

でも、お金が欲しい。それなら盗むしかないとなるのです。窃盗の原因と消費者金融が関係しているとすれば、消費者金融がお金を貸さなくなったことが原因と言えるでしょう

お金が欲しい理由はいろいろあるとは思いますが、それには消費者金融への返済は入っていません。返済するお金があるなら、他のことに使うでしょう。

また、窃盗で逮捕されることを望む人もいます。これは同情を集めたい人です。自分には多額の借金があり、お金に困って窃盗までした。だから、かわいそうだろうというのです。

窃盗までしたのだから、返済できなくても消費者金融は許してくれるに違いないといった感じですね。

ちなみに、窃盗罪で逮捕された債務者が、出所後に借金を返済したというのはあまり聞きません。私が知る限りでも2件ほどしかありません。

窃盗までしたのだからで許しているわけではなく、いつ出所してくるかもわからない債務者を追いかけるようなことを、消費者金融がしないだけです

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 結局嘘つきが1番腹立たしい
  2. 自己破産すると言ってしない顧客
  3. 人生終わっていると考える顧客
  4. 長期延滞者から融資申し込み?
  5. 過去に自己破産してもまた借金漬け
  6. 相続放棄を勧めに電話するも遺族から罵声
  7. パチンコで負けて払えない
  8. 労働せずに生活する、ヤミ金から借りパク
  9. 任意団体に相談で微妙な状態
  10. 訪問時の返済約束を守らない顧客