任意団体に相談で微妙な状態

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 悪質な客・イラっとさせる客 > 任意団体に相談で微妙な状態

任意団体に相談で微妙な状態

弁護士や司法書士ではない任意団体が債務者の相談に乗ることがあります。この任意団体は非常に微妙な集団で、何のために存在しているのかよくわかりません。

任意団体は債務者から相談を受けると、簡単なアドバイスをするようです。また、債務者の状況によっては提携している司法書士や弁護士を紹介します。

わざわざ任意団体を通さなくても、弁護士や司法書士に直接相談した方が良いでしょう。どの弁護士に頼んでいいかわからないなら、地域の弁護士協会や役所に相談して紹介してもらえば済むことです。

消費者金融は弁護士や司法書士から受任通知が届けば、その時点で督促をストップして債務整理に協力をしています。これは法律でも決められていることで、従わない業者はありません。

ところが、任意団体に相談していると言って、その時点で督促をストップすることはできません。任意団体に相談するのは債務者の勝手ですが、それは消費者金融の請求とはまったく関係がないのです。

でも、債務者の多くは任意団体に相談した時点で、消費者金融からの請求がストップされると勘違いしているのです

法的には督促をしても良いのですが、任意団体に相談中だと言われますので、微妙な状態になります。

また、任意団体の中には怪しげなところが多く、債務者からお金を巻き上げる悪質なところもあります。

消費者金融としては任意団体をまったく信用できませんので、その取り扱いには本当に困ります。

返済に困ったときには弁護士や司法書士など、しっかりと相談するべきところに相談してください。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 結局嘘つきが1番腹立たしい
  2. 自己破産すると言ってしない顧客
  3. 人生終わっていると考える顧客
  4. 長期延滞者から融資申し込み?
  5. 過去に自己破産してもまた借金漬け
  6. 相続放棄を勧めに電話するも遺族から罵声
  7. 借りられなくなったら窃盗
  8. パチンコで負けて払えない
  9. 労働せずに生活する、ヤミ金から借りパク
  10. 訪問時の返済約束を守らない顧客