借金に対する認識の甘さ

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金をする理由 > 借金に対する認識の甘さ

借金に対する認識の甘さ

借金をして自己破産した人が口々に言うのは、「借金に対して認識が甘かった」ということです。

借金に対する認識の甘さが、借金をする理由になってしまう場合はあります。

借金をただの分割で支払えると認識している人がいるのなら、考えを改めなければなりません。

100万円のお金を借りれば、100万円を分割で返済すれば良いわけではありませんよね。

借入金額が多くなると、毎月の金利を支払うだけで元金の返済ができなくなるケースがあります。

初めに借金をするときには、そんなことは考えもしないでしょう

私を含め、消費者金融で1回でも働いた経験がある人なら、消費者金融だけでなく、すべての借金に対して慎重になるはずです。

借金のことを知れば知るほど、借金が危険なものだと認識するようになりますので、よくよく考え、本当にその借金をしなければいけないのか考えるのです。

借金をきちんと知れば、安易な借金はできなくなります。逆に言えば、借金がどういうものかをきちんと認識しない人は、安易な借金を繰返してしまうでしょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. お金の管理能力次第
  2. 公共料金の滞納分支払いのため
  3. はっきりとした理由はわからない
  4. 訪問販売で高額商品を買わされたから
  5. 借入当初と返済が厳しくなった頃の借入理由の違い
  6. 東京都が調査した「借金の理由」順位
  7. 無利息キャンペーンに釣れて
  8. 配偶者に内緒にしたいお金
  9. 増税
  10. 貸金業者から勧められて