夫に気を遣い

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金をする理由 > 夫に気を遣い

夫に気を遣い

結婚してすべてをパートナーに打ち明けられる人もいますが、なかなかそれができない人がいます。

配偶者に気を遣うあまり、借金をしてしまうことがあります

例えば、夫の給料は変わらなくても、子供の学費や洋服代などで年々支出が増えていく家庭があったとします。

収入は変わりませんが支出が増えていきますので、やがてどこかでお金が足りなくなってしまいます。

でも、妻は頑張って仕事をしている夫にそのことを言えず、または自分の家計管理がなっていないと罵られそうで言えず、足りない分を借金することになります

夫からは給料内で家計をやりくりするよくできた妻と映りますので、妻は借金をしましたが悪い気はしません。

それに、借金といってもそれはやりくりの中の技の一つであり、自分がやりくり上手だと思えてきます。

このように、夫に「あなたの給料では生活ができなくなった」とは言えず、借金で足りない分を補填する妻がいるのです

それほどこの妻の行為は悪いことだとは思えませんが、返済原資は夫の給料になりますので、やはり夫にはきちんと相談してからにしたほうが良いですよね。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. お金の管理能力次第
  2. 公共料金の滞納分支払いのため
  3. はっきりとした理由はわからない
  4. 訪問販売で高額商品を買わされたから
  5. 借入当初と返済が厳しくなった頃の借入理由の違い
  6. 東京都が調査した「借金の理由」順位
  7. 無利息キャンペーンに釣れて
  8. 配偶者に内緒にしたいお金
  9. 増税
  10. 貸金業者から勧められて