世間体を考え過ぎて

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金をする理由 > 世間体を考え過ぎて

世間体を考え過ぎて

今は昔に比べて人間関係が希薄で、世間体を考える人が少なくなっているように感じます。

常識のない人が増えていますので、下手に目をつけられたら怖いということで、近所付き合いに消極的になる人もいるようです。

世間体を考え過ぎて借金する人がいますが、そういった理由で借金する人も少なくなってきているのではないでしょうか。

ただ、減ってきているとは言え、まだまだ世間体で借金をする人はいます。

ぼろぼろで穴が開いたような服では外を歩けないというのは、まだまだ常識ですよね。

本当は恥ずかしいことでも何でもないのですが、世間の風潮を考えればやはりお金がないことは恥ずかしいことです

お金がないことで恥ずかしい思いを日々しなければならないのなら、借金をしてお金があるように見せかけようという人がいます。

これはよく考えればわかることなのですが、結局は返済がついてきますので、金利分が余計にかかってお金がなくなってしまうだけです。

世間体を考えたい気持ちはわかりますが、それによって借金をすることはあまり良いことだとは言えません。

身の丈にあった生活をしなければ、どこかで必ず無理が生じてくるでしょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. お金の管理能力次第
  2. 公共料金の滞納分支払いのため
  3. はっきりとした理由はわからない
  4. 訪問販売で高額商品を買わされたから
  5. 借入当初と返済が厳しくなった頃の借入理由の違い
  6. 東京都が調査した「借金の理由」順位
  7. 無利息キャンペーンに釣れて
  8. 配偶者に内緒にしたいお金
  9. 増税
  10. 貸金業者から勧められて