やけになって

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金をする理由 > やけになって

やけになって

失恋や失業、何かの不幸ごとでやけになり、借金をしてお金を使いまくるというケースがあります。

案外このケースは多く、貸金業者からすると本当にやめてほしい借金理由です。

貸金業者から借入するときに、「やけになってパッとお金を使いたいから」と言う人はいません。

そんな理由でお金を貸すところはありませんので当然ですよね。

やけになっている人は後先考えませんので、借りたお金を使うことは考えていても、それを返済することを全く考えません

返済のことを一切考えない借入が良いわけはないですよね。

借入れた本人も痛いですが、貸した貸金業者も痛いです。

返済のことを考えずに作った借金は、まず返済がしっかりとされることはありません

良くて親族が代払い、悪くて自己破産、最悪が本人の自殺といった感じでしょうか。

やけになってお金を使い、自殺する人も中にはいます。まったく貸金業者のことを考えてはおらず、自分勝手も良いところです。

実際、やけになってお金を借りて、そのまま自殺した顧客がいました。それに、自殺はしなかったものの、返済に窮して相談をしてきた顧客もいました。

やけになるのは個人の勝手ですが、貸金業者のお金を使おうというのは酷いですよね。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. お金の管理能力次第
  2. 公共料金の滞納分支払いのため
  3. はっきりとした理由はわからない
  4. 訪問販売で高額商品を買わされたから
  5. 借入当初と返済が厳しくなった頃の借入理由の違い
  6. 東京都が調査した「借金の理由」順位
  7. 無利息キャンペーンに釣れて
  8. 配偶者に内緒にしたいお金
  9. 増税
  10. 貸金業者から勧められて