契約書の筆跡は奥さん

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 悪質な客・イラっとさせる客 > 契約書の筆跡は奥さん

契約書の筆跡は奥さん

消費者金融と利用者の間でときに紛争が生じることがあります。裁判にまでなるケースで多いのは、「借りた」「借りていない」の紛争です

消費者金融の顧客の中には、お金を借りていないと主張する人がたまにいます。契約した覚えもお金を借りた覚えもないということで、債務不存在訴訟を起こすのです

悪質業者から請求されれば架空請求になり、無視しておけば良いですが、正規の登録業者からの請求は無視するわけにはいきませんよね。

自分が知らない間に借金を背負わされたと憤怒するのはよくわかります。借りた覚えがないのに消費者金融から借りたと言われれば、裁判で証明するしかありません。

ただ、消費者金融は貸していない人に対して貸したとは言いません。また、後から借金を踏み倒されないように、身分証明証などのコピーをしっかりと保管しています。

実際、私が「借りていない」という人の件で裁判所に出廷したときには、身分証明証のコピーや契約書類、振込明細などの証拠を提示して、貸付したことが事実であると証明しました。

しかし、その顧客は契約書類の署名が自分の字ではないと主張してきました。そして、よく確認してもらった結果、本人の奥さんの筆跡だとわかりました。

つまり、奥さんが旦那さんの名義を使って、消費者金融からお金を借りたということです。

その後本人が事実関係を確認したところ、やはり奥さんが犯人でした。本人はすぐに全額を完済してくれました。自分の奥さんが詐欺で訴えられるのを恐れたのでしょう。

こちらは全額回収できましたので満足したいところですが、裁判までされて本当によい迷惑でした。消費者金融を疑う前に、まずは自分の身内を疑うようにしてくださいね。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 結局嘘つきが1番腹立たしい
  2. 自己破産すると言ってしない顧客
  3. 人生終わっていると考える顧客
  4. 長期延滞者から融資申し込み?
  5. 過去に自己破産してもまた借金漬け
  6. 相続放棄を勧めに電話するも遺族から罵声
  7. 借りられなくなったら窃盗
  8. パチンコで負けて払えない
  9. 労働せずに生活する、ヤミ金から借りパク
  10. 任意団体に相談で微妙な状態