過払い金返還請求してから自己破産

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 悪質な客・イラっとさせる客 > 過払い金返還請求してから自己破産

過払い金返還請求してから自己破産

破産法では自己破産するにあたり、標準的な世帯の1カ月の必要生活費33万円の3カ月分までの現金を所有することが認められています。

自己破産をしてすべての現金を没収されると、生活ができなくなりますので当然の措置ですよね。

でも、これを悪用する債務者がいます。

破産法では、生活費として3カ月分の生活費を持つことを許されているわけですが、要は99万円までは現金を持っていても自己破産できるということです

そこで、自己破産をする前に過払い金返還請求をして現金99万円を手にして、その後に自己破産をするのです

破産法の趣旨は、生活費としての現金までは没収しないということです。過払い金返還請求で手に入れたお金は立派な財産であり、自己破産をするなら債権者に分配されなければなりません。

一般的に、自己破産を申し立てた後に過払い金が判明した場合、過払い金を回収して他の債権者に分配しています。過払い金として受け取ったお金を破産者の懐にいれることは、基本的に認めていません。

それはそうですよね。借金をゼロにしてくださいと言っている横で債権となる過払い金を取得するのでは、借金を踏み倒される債権者が黙っているはずありません。

まあ、収入がゼロと言うのなら過払い金を取得して生活費とするのはかまいませんが、給料で生活できるのに過払い金を手にして自己破産するのはいけませんよね。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 結局嘘つきが1番腹立たしい
  2. 自己破産すると言ってしない顧客
  3. 人生終わっていると考える顧客
  4. 長期延滞者から融資申し込み?
  5. 過去に自己破産してもまた借金漬け
  6. 相続放棄を勧めに電話するも遺族から罵声
  7. 借りられなくなったら窃盗
  8. パチンコで負けて払えない
  9. 労働せずに生活する、ヤミ金から借りパク
  10. 任意団体に相談で微妙な状態