免責不許可でも連絡がない

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 悪質な客・イラっとさせる客 > 免責不許可でも連絡がない

免責不許可でも連絡がない

自己破産をすれば誰でも借金がゼロになるわけではありません。借金がゼロになるには、自己破産をして免責が認められなければなりません。

通常、自己破産すれば免責が認められます。免責が不許可になることもあるにはありますが、破産手続きで不正があったなど余程のことがない限り免責は認められます。

自己破産するときには弁護士や司法書士を通じて手続きするのが一般的ですが、免責が不許可になるような案件ならはじめから自己破産しないですよね。

消費者金融は事務処理の負担を軽減するため、自己破産を申し立てた時点で回収不能として処理するところが多いです。免責が認められたかどうかは、いちいち確認していないのです。

ただ、その都度は確認しなくても、まとめて免責されているかを確認することはあります。

免責の確認をしてみると、ほとんどの破産債権で免責が認められていますが、たまに免責不許可になっている破産債権が出てきます。

免責が不許可になっている債権について、代理人である弁護士や司法書士、本人から何の連絡も入金もないのは腹が立ちます

免責が不許可になったということは、消費者金融に返済をしなければなりません。消費者金融からの請求がないことをいいことに、そのまま放置するのはいけませんよね。

弁護士や司法書士の中には免責が確定したことをきっちりと連絡してくるところもあります。免責が確定してはじめて債務整理が終了になります。免責が不許可になれば、その連絡をしてくるのが常識ですよね。

自分の都合の良いことだけ連絡して、都合の悪いことを連絡しないのはどうなのでしょうか?

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 結局嘘つきが1番腹立たしい
  2. 自己破産すると言ってしない顧客
  3. 人生終わっていると考える顧客
  4. 長期延滞者から融資申し込み?
  5. 過去に自己破産してもまた借金漬け
  6. 相続放棄を勧めに電話するも遺族から罵声
  7. 借りられなくなったら窃盗
  8. パチンコで負けて払えない
  9. 労働せずに生活する、ヤミ金から借りパク
  10. 任意団体に相談で微妙な状態