訴訟でも何でもしたらいいと

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 悪質な客・イラっとさせる客 > 訴訟でも何でもしたらいいと

訴訟でも何でもしたらいいと

督促担当者にとって1番最悪な長期延滞者は、開き直った延滞者になります。「訴訟でも何でもしたらいい」や「家にきて好きなもの持って行ったらいい」、「払えないものは払えない」と開き直られると、督促担当者は腹が立ちます

相手に返済する気がないのですから、腹を立てるのも当然ですよね。後は無理矢理回収するしかありあませんが、それが許されているのは差押だけです。

差押は最終手段になりますので、督促担当者はできればしたくありません。それに、差押はどんなものでも差し押さえられるわけではなく、現実的には給料ぐらいしか差し押さえられるものがありません。

相手の勤務先がわかっていなければ差押ができませんので、実は差押の実行はかなり限られているのです

それにしても、「訴訟でも何でもしたらいい」というのは、どう考えてもおかしいですよね。訴訟をしろと言うのは、「返済をしない」と言っているのと同じです。返済を拒否するのですから、これはいくら何でもダメです。

督促担当者が冷静な人なら諭されて終わりますが、熱くなりやすい人なら延々と説教をされるかもしれません。

「訴訟でも何でもしたらいい」と言う行為は延滞者にとって損でしかありませんので、言わない方が身のためです。

まあ、督促担当者に頭ごなしに「すぐに払え」と言われ、頭に血が上ってのことでしょうけど。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 結局嘘つきが1番腹立たしい
  2. 自己破産すると言ってしない顧客
  3. 人生終わっていると考える顧客
  4. 長期延滞者から融資申し込み?
  5. 過去に自己破産してもまた借金漬け
  6. 相続放棄を勧めに電話するも遺族から罵声
  7. 借りられなくなったら窃盗
  8. パチンコで負けて払えない
  9. 労働せずに生活する、ヤミ金から借りパク
  10. 任意団体に相談で微妙な状態