和解依頼書にも全く反応せず

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 悪質な客・イラっとさせる客 > 和解依頼書にも全く反応せず

和解依頼書にも全く反応せず

消費者金融では長期間返済が滞っている顧客に対して、和解依頼書を発送することがあります

長期間返済が滞ると、延滞金が高額になります。50万円の借金も3年経てば、80万円近くになることもあるでしょう。

あまりに延滞金がつくと、債務者は返済する気が失せてしまいます。30万円のお金を用意しても、元本は減らずに延滞金に充てられるのでは嫌ですよね。

自分が借りたお金が50万円なのに、80万円返さなければならないと知れば、誰だって返済に消極的になります。

そこで、消費者金融は和解依頼書を発送して、将来利息のカットや延滞金の減額などを提示して和解を促します。

本当は80万円の借金があるが、和解に応じれば50万円にしましょうということです。

消費者金融が1番痛いのは、返済されずに時効になることです。長期間返済しない人には、何とか返済する気になってもらわなければいけません。

和解して金利をカットすれば収益が落ちますが、まったく返済がなければ消費者金融は大損です。せめて元金だけでも返してほしいというのが、消費者金融の本音なのです

一方、長期間返済が滞っている債務者にとって、和解依頼書はとても魅力的なものです。消費者金融の方から借金の減額をすると言っているのですから、これを利用しない手はありません。

しかし、消費者金融から和解依頼書が届いても、それすら無視する人がいます。そうした人は借金を踏み倒す気が満々です。どうあっても返済しないのですから、性質が悪いですよね。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 結局嘘つきが1番腹立たしい
  2. 自己破産すると言ってしない顧客
  3. 人生終わっていると考える顧客
  4. 長期延滞者から融資申し込み?
  5. 過去に自己破産してもまた借金漬け
  6. 相続放棄を勧めに電話するも遺族から罵声
  7. 借りられなくなったら窃盗
  8. パチンコで負けて払えない
  9. 労働せずに生活する、ヤミ金から借りパク
  10. 任意団体に相談で微妙な状態